サービス Service

ブランディング Branding

企業が長期的に競争で生き残っていく為に欠かせないもの

CI・VI構築

ブランド戦略とは
一般的に企業ブランディングとは、企業や商品の過去にない価値を見つけ、磨き、売り上げにつなげること、それが企業・事業・商品ブランディングです。
競合他社との差別化が難しい成熟市場においては極めて有効な経営戦略の1つと考えられております。

まず価値を高め、その結果として顧客数を増やす
これまでは知名度の高い商品に対して「ブランド力がある」という言い方をされていました。
しかし価値はそれほど認められなくても誰しもが知っているがゆえのブランド力もあります。
また人数は少なくても強烈に価値を支持されているというブランド力もあります。
現在のブランディング手法では、ブランド価値の高まりが先にあり、その結果として価値が認知されることによる顧客数の増加でブランド力が高まる。このように「質を優先し、量は劣後とする」の順序で施策することが肝要と考えます。

まず何からブランディングすべきか
大きく分けてブランディングには企業ブランド、事業ブランド、商品ブランドの3種があります。
何からブランディング活動に焦点をあてるべきかは、業種と販売方法と企業規模から決めます。
現状の会社の弱点を見つけ、その弱みを克服するためのブランディングから始めるべきです。

3種の中のどのブランディングを開始するにしても、最初に必要となるのが「スローガン」と「ロゴ」です。企業あるいは事業の将来の方向性・商品の特長を十分に検討した上で、「企業理念」や「代表者の想い」などの意味合いを、シンボリックな形状に昇華させ、ブランディングの中核を担う基本要素となります。
これらの基本要素をWEB、販促ツール、看板、名刺や封筒などのあらゆるデザインアイテムに、最も効果的なデザインで展開させることで、ブランドイメージの一貫性が保たれます。
そうして出来上がったブランドイメージの価値を高めるには、企業や商品の成長とともに、長い年月をかけて育てていくことが重要になってきます。

弊社の制作事例はこちら